シルクの石けんが肌を守る、天糸の絹珠(てんしのきぬだま)

シルクの石けんが肌を守る、天糸の絹珠(てんしのきぬだま)

シルクの効能

      シルクには、次のような特性があります。

        シルクは人の肌に近い組成成分で出来ていること
        シルクのミクロの粒子が紫外線を防ぐこと
        シルクは人に必要な多くの必須アミノ酸から出来ていること

     この特性を活かし、繊維にシルクプロテインを付着させて保水力や肌触りを高めた衣類や
     必須アミノ酸を多く含むことから、肝機能食品として、また食感を高めるための食材として、
     その用途が広がってきています。

     そんなシルクを石けんに使うと、


天糸の絹珠(てんしのきぬだま)

     シルクから作られた石けん、天糸の絹珠(てんしのきぬだま)ですが、使用された方から、
     次々に声が寄せられています。

           ・肌のキメが整えられて、洗顔後の鏡を見るのが楽しくなりました。
         ・「綺麗になったね」と、驚かれました。
         ・今までの石けんと違い、慌てて化粧水をつける必要が無くて楽。

洗うたび純白の肌に!純国産シルクの洗顔石けん【天糸の絹珠】

1個2980円とお高いのですが、なぜ?

     海外産のシルクを使えばもっと大量に出来、安価になります。
     でも、国産にこだわりました。
     それは、はるかに高い品質の石けんが出来るから。

      シルク石けんの主成分は、世界遺産推進組織「富岡製糸場」のある富岡市産の
     繭を使用しています。

          お値段が高めでも、品質の高さ、安心安全にこだわったシルクです。
        そして、合成材料は使用していません。
        長時間かけて固めた石鹸を、自然乾燥、2ヶ月間しっかり寝かせました。
        香りは香料を使用せず、保湿の高い桃の葉エキスの香り。
        お肌のトラブルになりやすい石油系の成分は一切使用していません。
        防腐剤も使用してないので、敏感肌の方も安心。
        国内生産で、徹底した品質管理の元、製造したものです。

         だから、安心安全、お肌にも優しく、赤ちゃんでも安心して使えます。